お疲れ様です!!世の中いいことばかりじゃないけど、適当にリフレッシュして、明日からがんばりましょう!!

とかくに人の世は住みにくい

海外ニュース

ジョニーデップ愛犬連れ込み事件その後。オーストラリアで懲役10年の可能性?

投稿日:

ゴールドコーストでパイレーツオブカリビアン5撮影中のハリウッド俳優ジョニーデップさんですが、愛犬を検疫を通さずに勝手に連れ込んだとして、オーストラリアで大問題になっていましたね。

愛犬をオーストラリアから連れ出したことで、一件落着と思われたこの愛犬連れ込み事件、その後どうなったと思いますか?

まだまだ、ものすごい大問題になっているんです!!

 
 
Sponsored Link

 
 
 
ことの発端は、プライベートジェットでブリスベン空港に着いたジョニーデップさんが、検疫を通さず愛犬のヨークシャーテリア2匹を連れて来てしまったことに始まります。

空港職員が飛行機が着陸後に飛行機を確認したようですが、どういうわけかばれることなく入国してしまいました。

それが、ゴールドコーストのトリマーに愛犬2匹を連れて行ったことでそのことがばれてしまいます。

なんでも、トリマーの店員がフェイスブックに写真を載せてしまってばれたのだとか。

 
そして、怒ったオーストラリア農相に2匹を直ちに連れて帰らないと殺処分する、なめてもらっちゃ困る!と言われてしまったのです。

 
この愛犬2匹は、すでにジョニーデップさんの奥さん、アンバーハートさんがアメリカに連れて帰っています。

これで、この事件終わったのかなぁと思っていました。

 
ところが、まだまだ全然終わっていなかったんです。

 
なんと、ジョニーデップさんが罪に問われることになれば、最大で懲役10年、AU$340,000(日本円約3400万円)とニュースになってます。

ちなみに、かわいそうに、ジョニーデップさんの自家用ジェットのパイロットも、犬を無許可で連れ込んだとして、最大2年の懲役の可能性があるそうです。

 
なぜこんなに事件がながびいているかというと、もちろん検疫をしなかったジョニーデップさんが悪いですし、空港で着陸後に飛行機を調べたら、犬はいなかったということですから、わかっていてやった可能性大きいんですけど、

オーストラリア政府がこの予期せず世界中から注目を浴びてしまったこの機会を利用して、世界中にオーストラリア検疫についての理解を広めるキャンペーンをしたがっているようなんです。

一応、オーストラリアは世界でも固有の動物や植物の宝庫でして、外から別の種が入り込むことを厳しく取り締まっているので。

ですから、これはいいチャンス!となかなかこのジョニーデップさんの愛犬オーストラリア連れ込み事件を終わらせたくないようです。

 
また、これは個人的な見解ですけど、厳しいと言っているけれど、いとも簡単に検疫を通してしまったオーストラリア政府の汚名挽回に、ジョニーデップさんを利用しているのかなぁ、とも思います。

 
なので、罰金を払うことはありそうですが、懲役10年はさすがにないのではないかと思います。

ともあれ、ジョニーデップさん、まだまだオーストラリアのニュースをにぎわしているのは間違いありません。

 
オーストラリアに入った最初のころは、マリリンマンソンさんのコンサートに飛び入り参加して話題になったり、楽しい話題が多かったのですが、どうも、ケガをしてアメリカにいったん帰ったころから、オーストラリアで不運続きのジョニーデップさん。

ぜひとも、無事パイレーツオブカリビアン5の撮影を終えて、

「二度とこんな国来るか!」

などと言わずに、アメリカに帰ってほしいなぁ、と思う、オーストラリア好きのおばちゃんでした。

 
※関連記事

ジョニーデップ、オーストラリアに無許可で犬連れ込み。農相に怒られる。
キャサリン妃の生い立ちや性格をダイアナ妃と比べてみた
AKBまゆゆ暫定3位!連覇はもう無理?コメントにもちょっとがっかり。2015年総選挙
浅田真央復帰は無理?うれしいけれど厳しい現実

Sponsored Link

-海外ニュース

Copyright© とかくに人の世は住みにくい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.